JOY、わたなべ麻衣に感謝「夫婦そろった方が記事になる」

視聴回数1,662,702

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

タレントのJOYが19日、都内で行われた『第11回イクメンオブザイヤー2021』授賞式に登場。芸能部門で同賞を受賞し、昨年10月に誕生した長女の思い出を語った。
ちょうど1年前の10月19日、モデルで妻・わたなべ麻衣との間に第1子となる長女が誕生したJOY。「同じ日にこういった賞をいただけるのは、感慨深いなと思っています」としみじみ。
長女は1歳となり、成長を早く感じるそうで「いろいろとわかるようになったのか、テレビに出ている僕を見て、指をさして『パパ!』と言うようになった」とほほ笑ましいエピソードを打ち明けながら、「この前も『パパ!』と言ってくれて、画面を見たら『ゴゴスマ』に出ていたユージでした。子どもから見ても似ているんだなと感じました」と笑いを誘った。
『イクメン オブ ザ イヤー』は育児を積極的に行う男性“イクメン”を応援するプロジェクトを推進する厚生労働省後援のもと誕生。今回は芸能部門でJOYと登坂淳一、エンターテインメント部門でEXILEのMAKIDAI、動画クリエイター部門でフィッシャーズのンダホ、スポーツレジェンド部門でアレックス・ラミレスが受賞した。