鶴嶋乃愛、ロマンチックな演出にうっとり「お姫様みたい」白馬に乗った奥野壮が華麗に登場!

視聴回数360,104

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の奥野壮、女優の鶴嶋乃愛が15日、東京・大井競馬場で『東京メガイルミ2021-2022』の点灯式にゲストとして出席した。
 奥野は平成最後の仮面ライダーシリーズ『仮面ライダージオウ』の主人公・仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ、鶴嶋は令和最初の仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーゼロワン』の主人公・仮面ライダーゼロワン/飛電或人(高橋文哉)を支える秘書型ヒューマギアのイズを演じた。
 真っ赤なドレスで馬車に乗って登場した鶴嶋は「馬車に乗るのは初めて。お姫様みたいで胸がいっぱい。童話の中のプリンセスのような気分でした」と笑顔をはじけさせた。1人でさみしくする鶴嶋の元に白馬がさっそうと登場。騎乗していたのは奥野で、馬と仲良く交流した。そんな姿を見た鶴嶋は「カッコいいです!」と感動し、鶴嶋の歓声を聞いた奥野は「よかった」とにっこり。最近まで馬に乗るシーンのあるドラマの撮影をしていたそうで「まだ緊張しながらですけど」と乗馬を振り返っていた。
 同イルミネーションは、2018年から始まり、今年で4年目。東京とは思えい広さと開放感のある大井競馬場を舞台とした都心で楽しめるイルミネーションイベントで、おなじみとなった噴水ショーやクリエイティブカンパニーNAKED,INC.とのコラボスポットなどが登場。あす16日からスタートする。