東京五輪のため人生で2度の立ち退き、元住民男性に去来する複雑な思い

視聴回数1,993,908

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

1964年の東京五輪開催前、旧国立競技場の建設用地を確保するために立ち退きを求められた甚野公平さんは、生まれ育った家を捨てる寂しさを感じつつも、栄光の瞬間を迎える日本に貢献できることが誇らしくもあった。だがその50年後、再び東京での五輪開催が決まり、またもや当局から立ち退きを求められるとは、知る由もなかった。