ワクチン拒否なら「不潔で悪臭放つ留置場に」投獄、フィリピン大統領が警告

視聴回数1,332,026

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

フィリピンのドゥテルテ大統領は21日、新型コロナウイルスのワクチン接種を拒否する国民に対し、ワクチンを打たなければ「不潔で悪臭を放つ警察の留置場に」投獄すると警告した。
首都マニラの複数のワクチン接種会場では訪れる人が少ないという報告を受け、同大統領はこの日のテレビ演説で、「政府の助言を聞かない国民に憤慨している」とも述べた。一方、保健当局はワクチン接種は任意だとしており、大統領の発言はこれと矛盾する。(ナレーションなし)