今にも眠りから覚めそうな氷河期のライオン、シベリアで発見

視聴回数922,546

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

シベリアの永久凍土から、すでに絶滅したホラアナライオンの子どもの死がいが、内臓や体毛、外見の形態もほぼ無傷の状態で見つかった。1体は約2万8000年ほど前、もう1体は4万3000年以上前に生きていたものとみられている。