五輪の陰で忍び寄る「医療崩壊」の足音、早急な病床確保求める声

視聴回数1,007,590

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

昭和大学病院の相良博典病院長はロイターのインタビューで、新型コロナウイルスの新規感染者数が増加を続ける中、入院が必要な中等症の患者が入院できないなど、東京都内の病床逼迫状況はかなり厳しいとの認識を示した。喫緊の課題は発症した患者を即時に受け入れられる「即時病床」だが、東京はゼロに近い状況だとの見方を示した。