危険な作業はロボットにお任せ、テスラが人型ロボット開発へ

視聴回数701,017

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は19日に開催したイベント「AI(人工知能)デー」で、人間がやりたくない危険かつ反復的で退屈な仕事を担う人型ロボット「テスラ・ボット」のプロトタイプを来年に発表できる見通しだと明らかにした。 この人型ロボットは高さ約172センチで、工具を使って車にボルトを取り付けたり、店舗から食料品を受け取るなどの仕事ができるようになるという。