井川慶が語る打線の強さが投球に与える影響とは?【阪神タイガース】

視聴回数1,540,474

※ 視聴回数について

ラブすぽ

2003年は阪神タイガースが優勝したが、その年の井川慶の成績は20勝5敗という驚異的な成績だった。
楽にピッチングをさせてもらった年だったと語るが、その要因は味方打線が点をたくさん取ってくれたからだという。
点差が開いていると、相手打線は個人がヒットを狙うだけの淡白な攻撃となり「楽だった」と当時のピッチングを振り返った。