飯田哲也が語る足の速い走者が塁上にいる時のバッターのメリットとは!?【ヤクルトスワローズ】

視聴回数569,348

※ 視聴回数について

ラブすぽ

足の速いランナーが塁上にいると、具体的にバッターにはどういったメリットがあるのか?
一言で言うと「配球が読みやすくなる」具体的には「外角のストレート」が増えると、飯田哲也さんは教えてくれた。
理由はキャッチャーが盗塁を刺しやすくなるから。
なので、極端に言えばバッターは狙い球を「外角のストレート」に絞って待っていればいいだけの状態になる。
逆にランナーの足が遅ければ、ピッチャーは変化球も投げやすいので全力でバッターを押さえに来ることができるという。