桑田泉の1パット圏内に寄せるS1の動きを使ったアプローチとは!?【クォーター理論/ゴルフ】

視聴回数218,377

※ 視聴回数について

ラブすぽ

グリーン周りからのアプローチで、ダフリやトップなどのミスがもっとも起こりにくいのはパッティン
グ。だから誰しもがパターで寄せたいと思うのです。でも、ほとんどの場合、ライン上に長い芝や傾斜
など障害物があって、思ったようには転がってくれません。
そこで、威力を発揮するのがパットアプローチ。サンドウェッジやピッチングウェッジを使いますが、構
えや打ち方はパッティングと同じ。転がすつもりでストロークするだけで、ボールが長い芝や障害物を
越え、グリーン上に落下してから、パッティングのように転がります。
グリーン周りから寄せワンを取る回数を増やすために、ぜひとも覚えておきたいテクニックです。