G.G.佐藤が捕手を諦め外野手になったワケ【西武ライオンズ】

視聴回数504,990

※ 視聴回数について

ラブすぽ

キャッチャーで西武ライオンズに入団したG.G.佐藤。
アメリカで多くのピッチャーの球を受けてきた経験があるにもかかわらず、西武ライオンズに入ってすぐのキャンプ序盤に「キャッチャーは出来ない」と監督に言いに行ったという。
その理由は松坂大輔のスライダーが曲がりすぎて捕れなかったから。
それだけスゴい球だったということだ。
その後、G.G.佐藤は内野手をやる期間もあったが、外野手に落ち着くことになった経緯を教えてくれた。