高橋聡文が投手ではなく打者として評価されプロ入りするきっかけとなった一打とは⁉【中日ドラゴンズ/阪神タイガース】

視聴回数570,266

※ 視聴回数について

ラブすぽ

甲子園には一度出場しているが、全国で注目されている選手ではなかったと話す高橋聡文。
そのため、スカウトも見たことが無かったと言う。
しかし、実際は北陸担当スカウトが編成部に対して、高橋聡文の試合を視察するために何度かセッティングするも、高橋聡文自身が怪我して試合に出ないなど、見られない状況であったと話す。
そんななか、最後に一度だけでも見て欲しいと、北陸担当スカウトが編成の人を呼び寄せて見せたのが紅白戦。
そこで、今まで一度もやった事のない場外ホームランを放ったと話す高橋聡文。
だからこそ、高橋聡文はピッチャーではなくバッティングが評価されてプロに入った⁉