King Gnu井口理、撮影時のハプニング告白に馬場ふみかが爆笑

視聴回数1,420,874

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

4人組バンド・King Gnuの井口理が20日、都内で行われた映画『ひとりぼっちじゃない』(3月10日公開)の特別試写会に出席した。
同作は、『世界の中心で、愛をさけぶ』『スカイ・クロラ』などの脚本家である伊藤ちひろ氏が、10年かけて上梓した同名小説を、行定勲氏の企画・プロデュースにより、自ら初監督を務め映画化。原作は、不器用でコミュニケーションがうまくとれない歯科医師・ススメ(井口)の日記形式の小説。伊藤氏は脚本も担当し、ススメが謎の多き女性・宮子に恋をすることで、変わっていく自分、歪み狂っていく日々を、初監督ながら圧倒的な世界観で描いている。
映画初主演を飾った井口は「プレッシャーはありました。でもその不安を解消するために頑張ろうと思えた」と心境を吐露しながら、演じた主人公に共感する部分もあり「僕がこれを演じるのは意味があるなと感じた」と回想。
撮影中も「ずっと大丈夫かな、大丈夫かなと演じながら思っていました」としながらも、同じく登壇した共演の馬場ふみか、河合優実、伊藤ちひろ監督らをチラリ見て「でも素晴らしい人に囲まれ、それに自分が活かされ、その結果が実を結んだ作品になったかなと思います」と語った。