深田恭子、ルパンの娘で着た“ピチピチ泥棒スーツ”赤面エピソード告白 観月ありさも共感「恥ずかしかった」

視聴回数1,020,955

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の深田恭子、観月ありさが27日、都内で行われた『劇場版 ルパンの娘』(10月15日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。
 『ルパンの娘』は、横関大氏の同名小説(講談社文庫)などを原作に、2019年7月期と20年10月期にテレビドラマ化され、ドラマ終了後に映画化が発表された。代々泥棒一家である “Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた人気シリーズ。
 “もう一人のLの一族”三雲玲役でゲスト出演した観月は「ずっとテレビで見ていた泥棒スーツを自分が着るとは思わず、うれしかったです」と笑顔を浮かべつつ「すごくピチピチなのでロケに行くと恥ずかしかったです」とポツリ。これには深田も「分かります。なるべく人に見つからないように…」と大きく頷いていた。
 舞台あいさつにはそのほか、瀬戸康史、渡部篤郎、小沢真珠、栗原類、どんぐり、大貫勇輔、麿赤兒、武内英樹監督が出席した。