焼肉店への衣替え進むワタミ、ウィズコロナ見据えロボット導入も

視聴回数1,022,352

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

新型コロナは、外食産業の在り方を大きく変えている。主力の酒類の販売ができずに苦戦が続く居酒屋業界で、大手のワタミは焼肉店への業態転換を進めている。また、ロボットやベルトコンベアなどを活用することで人と人との接触を減らし、ウィズコロナの時代を見据えた新たな戦略を打ち出している。