タリバン支配下で女子スポーツはどうなる、アフガン難民選手の憂い

視聴回数2,136,363

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

米女子プロサッカーのレーシング・ルイビルで活躍するナディア・ナディム選手は、2000年に祖国アフガニスタンを出国した。イスラム主義勢力タリバンが政権の座につき、軍の将官だった父を殺害されたためだ。それから約20年、タリバンが再び政権の座に就き、アフガン女性がスポーツをすることができるのか、ナディム選手は不安を募らせている。