プロのアドレスで見習うべき狭いスタンス幅とは?【サラリーマンが週1回50球の練習でスコア70台を出した上達法/坂元龍斗・関西テレビアナウンサー】

視聴回数221,075

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ラブすぽ

プロのアドレスでこれは見習うべき、という点があります。それは、狭いスタンス幅です。というのも、私が見ている限り、スタンス幅が広くて振り遅れているアマチュアゴルファーがたくさんいるように思うからです。一方、プロはどちらかというと狭めです。広いのがいいのか、狭いのがいいのかはわかりませんが、ひとついえるのは、スタンスが広いとクラブがさばけるようにならないこと。振り遅れで悩んでいてスタンス幅が広めなら、一度〝狭め〞スタンスを試してみてください。