ヒロミ、名倉潤に過去の言動を謝罪?

視聴回数1,729,359

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

タレントのヒロミ、お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤が4日、都内で行われた『成長企業と新しい日本をつくる。「ACCEL JAPAN」プロジェクト』始動発表会にゲストとして登場した。
広告でタレントをサブスクで使える制度で、その第1弾のアンバサダーとして、ヒロミや名倉が登場する。名倉は「こんな笑顔はめったに見られない」とイジると、ヒロミは「この日、すっごいいろんなパターンを撮った。1年分の笑顔を使ったんじゃないか(笑)。最終的には、申し訳ないけど『いい加減にしろ!』って言いました」とジョークを交えて語っていた。
また、共演歴の長い2人。ヒロミは芸能界を離れた10年で、いろいろな“愛”を学んだそうで「お客さんに対して、従業員に対してだったり。それがスゴく大事だと思って、芸能界に戻って愛を持って接した。昔は名倉に対しても厳しく当たったんですけど」とにやり。名倉は「厳しかったです。スカイダイビングで1人で空を飛ばされました。本当に死ぬかと思いました」と恨み節を語り、会場には笑いが。ヒロミは「若い時は申し訳ないぐらいの扱いをした」と改めて謝罪し、名倉も笑顔で応じていた。