「9・11は乗り越えるものじゃない、私の一部だ」生き埋めから生還した男性語る

視聴回数2,701,340

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

2001年9月11日、世界貿易センタービルのノースタワー47階のオフィスで働いていたトム・カナバンさんは、アメリカン航空11便がビルを直撃した後、非常階段で避難した。ところが地下フロアに到達したとき、ビルが崩落。カナバンさんは生き埋めになってしまった。その後自力で這い出たカナバンさんを、当時ロイターは取材していた。あれから20年、再びロイターはカナバンさんのもとを訪れた。