ポーランドの五輪競泳6選手が帰国、資格なしと判明 法的措置も

視聴回数5,785,195

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

東京五輪のために来日していたポーランドの競泳選手6人が、管理上のミスで帰国したことが分かり、同国の水泳連盟(PZP)会長が謝罪した。ポーランドからは23人の競泳選手が日本に到着したが、国際水泳連盟(FINA)の定める予選規則により、17人に削減する必要に迫られた。