スケートボード女子ストリート、13歳の西矢が金 中山は銅

視聴回数5,470,660

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

東京五輪は26日、今大会から採用されたスケートボード女子ストリートの決勝を行い、13歳の西矢椛(にしや・もみじ)が金メダルを獲得した。国内メディアによると、日本人として最年少の金メダリスト。16歳の中山楓奈(なかやま・ふうな)も銅メダルを取った。