「食中毒マフィン」騒動 背景には店主のキャパオーバー

視聴回数3,195,259

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
NEWSポストセブン

NEWSポストセブン【動画公式】

東京・目黒の焼き菓子店「Honey×Honey xoxo」が販売したマフィンの購入者から〈納豆のような匂いがして、糸が引く〉〈食べて具合が悪くなった〉といった報告がSNS上で相次ぎ、〈食中毒マフィン〉と呼ばれ炎上した問題。
店主の知人によると「製造・販売はほとんど店主のワンオペに近い印象で、キャパオーバーだったのかもしれません。過去にも消費期限を誤って記載するトラブルを起こして謝罪しています」とのこと。
SNSでは〈HPとMPの限界を迎えてしまいました〉と吐露したこともありました。