中居正広、腹膜炎を併発も“不屈の精神”で現場へ

視聴回数6,713,541

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
NEWSポストセブン

NEWSポストセブン【動画公式】

昨年7月中旬、急性虫垂炎を発症し、入院した中居正広さん
。虫垂炎の処置がうまくいっておらず、腹膜炎を併発していたことがわかりました。
今年1月中旬の『キャスターな会』で復帰を果たした後は、多忙な日々を送っている中居さん。
中居さんの知人は「大腸を半分以上切り、食事のとり方や量にも大きな変化があり、生活は以前のようにはいきません。
それでも、彼はテレビの現場に戻りたくて気力を振り絞っています。自然体のように見えますが、不屈の精神には頭が下がります」と話しています。