能登半島地震、被災地で深刻な“トイレ問題”が発生

視聴回数3,745,147

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
NEWSポストセブン

NEWSポストセブン【動画公式】

石川県で1月1日に起きた大地震。被害の大きかった能登半島北部の輪島市、珠洲市、穴水町などは多くの建物が倒壊し、人々は役所などで避難生活を続けています。
そうしたなか、現地を悩ませているのは「トイレの問題」です。
自宅で被災したという穴水町に住む50代の女性は、「みんな家のトイレは使えないため、基本的に役場か病院で皆さん用を足すのですが、こちらも水が詰まって流れない。
便が便器から溢れ、想像を絶する匂いになっています。
男性のなかには路上や茂みなど外で用を足す人もいて、今はそちらの方が衛生的かもしれないと思うほどです」と声を落としています。