『シン・仮面ライダー』池松壮亮、浜辺美波、柄本佑、西野七瀬らキャスト集結!映画公開への思いを語る

視聴回数868,777

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の池松壮亮、浜辺美波、柄本佑、西野七瀬、手塚とおる、塚本晋也が17日、都内で行われた映画『シン・仮面ライダー』の全国最速公開記念の舞台あいさつに登壇した。
 いよいよ封切りの日を迎え、池松は「初日から、ありがとうございます。できたてホヤホヤ。皆様が本当に最初の目撃者」と話す。浜辺は「私が今まで経験したことのないパターンの上映の仕方。1番最初に皆さんと一緒にいられて、立ち会うことができて、うれしく思います」と笑顔を見せた。柄本は「これから初めてご覧になられる。僕らは2回ほど観ていますが、これから1発目のインパクトを皆さんが待っていると思うと、うらやましいです」と話していた。
 また、池松は「普段、映画ができあがって半年ぐらいは、ここまで立つのに時間がある。その間で咀嚼(そしゃく)するんですけど、本当にできたてホヤホヤ」と心の整理がついていないそう。「庵野作品ですから、あまり言えないですけど一筋縄ではいかない。1回では済まないかもしれない。とにかく堪能してほしい」と呼びかける。最後は「大きなプロジェクトで、長い時間を苦しんだり、楽しんだりしてきました。長い旅だったなと思います。ようやく、きょうを迎えられて、本当にうれしく思います。待ってくださったんだな、と改めて思うことができました。本当にありがとうございました。ぜひ、2時間、堪能してください」と熱い思いを語っていた。
 1971年『仮面ライダー』放送から50周年の記念日となる2021年4月3日に製作及び2023年3月の公開が発表された『シン・仮面ライダー』。脚本・監督は庵野秀明、主人公・本郷猛/仮面ライダーに池松壮亮、ヒロイン・緑川ルリ子に浜辺美波、一文字隼人/仮面ライダー第2号に柄本佑を迎え、新たなオリジナル作品として制作されている。
 『シン・仮面ライダー』は、17日午後6時から全国最速公開(一部劇場を除く)され、18日から全国公開となる。