五輪開催は「ばかげている」、変異株拡散の絶好の機会に NZ政府顧問

視聴回数1,906,888

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

ニュージーランド保健省の新型コロナウイルス対策本部の顧問を務めるオタゴ大学のマイケル・ベーカー教授は25日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)中に東京五輪・パラリンピックを開催することは「ばかげて」おり正当化されず、人命にかかわると警鐘を鳴らした。
ベーカー氏は、五輪開催は「大規模な海外渡航と集会」を伴い、パンデミック中の行動にそぐわないと指摘。「五輪開催によって、人の命が奪われる恐れがある」とし、トレーニングを重ねてきた選手には申し訳ないとしつつも、「現状で五輪を開催する根拠も正当性も存在しない」と強調した。