友人かばい刺殺された英ユース選手、ゲームで15年後の姿で復活

視聴回数876,074

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

イングランドのサッカーチーム、クイーンズパークレンジャーズ(QPR)のユースに所属していた、当時15歳の少年カイヤン・プリンスさんは2006年、学校の校門の外で刺され命を落とした。その死から15年たった今年、人気サッカーゲーム「FIFA 21」でQPRと契約するという夢が実現した。