動物保護施設のためにネコの絵を描くロシアの10歳少年

視聴回数1,535,690

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

ロシア・アルザマスに住む10歳のパベル君は、動物保護施設のために犬や猫の絵を描いて寄付を集めている。 パベル君は自分のネコが死んでからこの活動を始めた。彼の「顧客」は、お金ではなくペットフードで謝礼を支払う。 プロジェクトは大きくなり、今ではロシア各地のシェルターを支援している。