原発事故に抗う福島の牧場主、被爆した牛たちに託す未来とは

視聴回数807,874

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

福島県浪江町にある「希望の牧場」を経営する吉沢正巳さん(67)は、10年前の原発事故で放射能を浴びた牛たちの世話を続けている。畜産物として出荷することのできない牛たちを、吉沢さんが飼育し続けるのはなぜなのか。