エーザイ共同開発のアルツハイマー新薬が米で承認、リスク指摘する声も

視聴回数3,404,232

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

米食品医薬品局(FDA)は7日、バイオジェンとエーザイが共同開発したアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」を承認した。アルツハイマー病の根本的な原因に直接作用する初の治療薬となる。だが一部の専門家からは、臨床試験の結果に一貫性がなく、この薬の有効性をより証明することが必要との声もあがっている。