仲里依紗 ロバート・秋山竜次を主演に監督初挑戦!「眼力が大好きなんです」

視聴回数252,000

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
(c)フジテレビジョン

めざましmedia

仲里依紗さん、千葉雄大さん、福士蒼汰さん、森崎ウィンさんが6月4日、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2024」(SSFF&ASIA)のオープニングセレモニーに出席しました。
また、映画祭代表の別所哲也さんと、フェスティバルアンバサダーのLiLiCoさんも登場しました。
俳優が短編映画を監督するプロジェクト「WOWOWアクターズショートフィルム4」に仲さんら4人が参加。
監督初挑戦となった仲さんは、ロバートの秋山竜次さんが主演を務めるホラー映画『撮影/鏑木真一』を制作しました。
仲さんは、「秋山さんの眼力が大好きなんですよ。この眼力で秋山さんの違った面を撮りたいなと思い。本当に秋山さんのただのファンなんですよね」とコメント。
続けて、「監督ってこんなに大変なんだ、と。やっぱりやってみないとわからない」と苦労を明かしました。
一方、仲さんと同じく映画『イツキトミワ』で、監督初挑戦となった福士さん。
監督業で一番楽しかったことを聞かれると、「役者に演出するという瞬間がすごく楽しくて。僕の一声で、俳優さんたちがちょっと変わるんです。心を動いたりとか、それの演出という部分が、一番楽しいポイントでした」と語りました。
▼めざましmedia▼
https://mezamashi.media/