【40代部門に続き2度目の受賞】永作博美、ジュエリーの魅力を語る

視聴回数1,515,583

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

めざましmedia

過去1年を通じて「最も輝いている人、宝石が似合う人」を選考し、表彰する「第34回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式が行われ、ラウールさん(Snow Man)、永野芽郁さん、田中みな実さん、松嶋菜々子さん、永作博美さん、大地真央さんが受賞しました。
50代部門で受賞をした永作さんは「本当に光栄に思います。(過去に)40代部門でも選出していただいていて、そのときにいただいた品物を、『幸せなものだな』といまだに大切に保管させていただいています。たまに娘に見せると、目をキラキラさせて『これ、いつか私に付けさせてね』と言うんです」とエピソードを披露。
「この先もジュエリーを見ながら、(いつまでも輝きが変わらない)ジュエリーのように、50代でもう1度磨き直してこの先も頑張って、皆さんに感動していただけるような世界を作っていけたらなと思っております」と語りました。