【めざまし個別】吉岡里帆が30歳になって感じたこと「自分で自分を許す力」

視聴回数1,133,923

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

めざましmedia

吉岡里帆さんが、30歳の誕生日を迎えた1月15日、写真集「日日(にちにち)」の発売記念記者会見に出席しました。
この写真集は、吉岡さんの30歳と、芸能生活10周年のWアニバーサリーを記念して刊行されました。
20代最後の1年間、吉岡さんの“素の表情”を撮りだめたという今回の写真集。
吉岡さんは、「1年間、密着していただいたことで、1日1日、今この瞬間を覚えていたいなって写真が撮れていたので、『記念すべき1冊ができてよかったなぁ』と幸せです!」と喜びました。
イベント終了後に、吉岡さんに『めざましテレビ』の小山内鈴奈フジテレビアナウンサーがインタビューしました。
写真集のタイトルである「日日」にちなみ、「日々、頑張っていること。続けていること」を聞かれた吉岡さんは、「これはずばり健康」と即答。
理由を、「運動とか健康法みたいなのは、すぐに試してみるというのを心がけていて、いろんなところに通っています(笑)」と明かしました。
続けて、「いかにうまくスケジュールを入れられるかっていうのが(重要)。『ここで“鍼灸(しんきゅう)”を入れる、ここで“整体”を入れる、この抜けている3時間で“ピラティス”を入れる』みたいな」と力説。
小山内アナから、「結構、スケジュールがぎゅうぎゅうですか?」と心配されると、吉岡さんは、「そうなんですよ。それで疲れてしまう時もあり、元も子もないんですけど…」と笑いました。
健康に気をつけている吉岡さんですが、“ある悩み”があるそうで、「家で食べる夜ごはんの量を調整できないところ」と答えました。
そして、「やっぱり夜を控えるというのがダイエットの鉄則じゃないですか。夜20時以降は絶対に食べないとか、徹底すべきなのに、ここがね…めっちゃ(自分に)甘くて」と苦笑い。
「今日は映画でも見て寝ようと思って、パッと見たら、もうお菓子がスタンバイしているとか。『食べたいものを、おいしいと思う時間に食べない人生って何?』って疑問に思っちゃったんです」と説明。
小山内アナから「ストイックなイメージがあるので、そういうことは一切ないと(思っていました)」と返されると、吉岡さんは「いやいや。『年を重ねていくにつれて、図々しくなる』って聞いたことがあるんです。『これはOKでしょ!』と、自分で自分を許す力だと。だから(30歳になり)そこが年を重ねたんだと思います」と語りました。