【好きになった言葉】黒羽麻璃央「肩をそっと押してくれる優しさが溢れている」

視聴回数136,927

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

めざましmedia

1月23日、映画「生きててごめんなさい」の完成披露舞台挨拶が行われ、黒羽麻璃央さん、穂志もえかさん、山口健人監督、藤井道人プロデューサーが登壇しました。
本作のポスターに記載されている「きっと大丈夫。多分。」という言葉が好きになったという黒羽さん。
「今後の自分の人生の言葉にしたいっていうぐらい、責任感があるようで無いような、補足で“多分”ってつけているあたりに、肩をそっと押してあげているような優しさが溢れていると感じました」とコメントしました。