山田裕貴 思い出のビール体験は二十歳の誕生日「次の日が事務所に所属するオーディションだったんです」

視聴回数2,436,924

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
(c)フジテレビジョン

めざましmedia

山田裕貴さんが2月20日、サッポロビール「ヱビスブランド PR発表会」に出席しました。
イベントは、4月3日に開業されるヱビスブランドの体験拠点「YEBISU BREWERY TOKYO」で実施。ヱビスブランド アンバサダーである山田さんが、実際に醸造家のユニフォームを着用し、ビールの仕込を初体験しました。
また、山田さんが出演する新TVCM ヱビス「クリエイティブブリュー #03 シトラスブラン」篇も公開されました。
山田さんは、俳優を志した18歳のころから、ビールのCMに出演できるようになることを夢に見ていたそう。
「恵比寿の(動く歩道)スカイウォークに、僕の広告写真が飾られているのを赤楚(衛二)くんが連絡して、送ってくれたりとか」。
「『俺、この看板になったんだな』というのを改めて実感させてもらえてすごくうれしい」と喜びました。
イベント終了後、山田さんに『めざましテレビ』の小山内鈴奈フジテレビアナウンサーがインタビューしました。
発表会では、醸造家のユニフォームで、ビールの仕込みを体験した山田さんに、「これから着てみたい衣装・コスチューム」を質問。
山田さんは「忍者!」と答え、「ここを隠したいんですよ」と、手で目以外を覆って説明しました。
「目だけで(演技を)やりたいんですよ。『目だけで伝わるやん』っていうのを目指しているので」と自身の俳優像を語りました。
続けて、片ひざを地面につけた着地のポーズも披露し「(忍者が登場するときの)この動き、かっこよくないですか?小さい頃から、かっこいいと思っていますし、ゴム製の手裏剣とか持っていました」と明かしました。
また、「探偵」のコスチュームにも興味があるそうで「あの…なんていうんですかね。パイプみたいなやつ(を咥えたい)」と話すと小山内アナも「見たいです!」と共感。
山田さんは、「ちょっとフジテレビさんに(小山内さんから)そういうドラマのオファーを、お願いしてもらっていいですか?」と要望すると、小山内アナは「わかりました、ドラマか映画か。私が(話を)できるかわからないですけど…」と笑いました。
そして、これまでの人生で最も心に残るビールの思い出について「20歳になった次の日が事務所に所属するオーディションだったんですよ。誕生日が、9月18日なんですけど、19日がオーディションだったんです」。
「すごく大きなオーディションで、なぜか生き残っているから、あとはやるしかないというので、初めてビールを買いに行って、飲んで『よし、明日がんばるぞ』って言ったあの日は一生忘れないですね。東京に出てきて、『ついにやるぞ』っていうあの日…」と振り返りました。
ここで、小山内アナが「ちなみに、私も誕生日が9月18日なんです。全然、関係ないですけど…」と告白。
山田さんは、「えっ!?そうなんですか。乙女座?何型ですか?」と驚き、山内アナが「乙女座でO型です」と答えるも、変な間ができてしまい2人は笑い合いました。
▼めざましmedia▼
https://mezamashi.media/