絶品!巨大なマグロのカマと女将の言い間違え【くいしん坊!万才】

視聴回数1,600,687

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
(c)フジテレビジョン

めざましmedia

松岡修造さんが、ここでしか食べられない“絶品”な冬のマグロを堪能しました。
2月18日放送のフジテレビ『くいしん坊!万才』では、青森県深浦町の「深浦マグロ」を紹介。
世界自然遺産の白神山地を有する深浦町にある、日本海が一望できる「深浦観光ホテル」を訪れた松岡さんは、ゆったりと温泉を楽しんだあとに自慢のマグロ料理をいただくことに。
マグロといえば「大間のマグロ」が有名ですが、ここ深浦では大間に北上する途中で水揚げする「深浦マグロ」が有名で、青森県いちのマグロ漁獲高を誇っていると女将の森山淳子さんが教えてくれました。
程よい脂のリが絶品の「マグロのお造り」を口に入れた松岡さんは、「本マグロならではの脂のうまみがフワッときますね」とうれしそうにコメント。
そして、大きな「マグロのカマ焼き」をいただくことに。あまりの大きさに「大きなもんでやんすね」と、松岡さんのテンションも上がりますが、緊張する森山さんはなぜか「ブリ」と言い間違えてしまい、ツッコまれます。
さらに、先走った解説を始めてしまい、松岡さんを笑わせました。和やかな空気溢れる撮影の裏側を動画でお楽しみください。
▼めざましmedia▼
https://mezamashi.media/