麻生太郎氏、自粛そっちのけで政治資金1400万円の高額会合費

視聴回数4,223,296

※ 視聴回数について
NewsMagVi

NEWSポストセブン【動画公式】

週刊ポストは総務省が11月26日に公表した国会議員の資金管理団体や関連政治団体の昨年分の政治資金収支報告書を精査し、「飲食代」や「会合費」などの名目で多額の支払いが行なわれていたことを突き止めました。
自粛そっちのけで飲食・会合を重ねていたのは麻生太郎氏。
緊急事態宣言が出された直後の4月9日には「帝国ホテル」で約43万円。
コロナ感染防止のため「勝負の3週間」とされた年末も「プリンスホテル」で約48万円イタリアン「フィオレンティーナ」で約76万円など、年間の会合費は134件で1400万円以上にのぼっていました。