月100万円文通費があるのに…小里泰弘議員 郵送代500万円

視聴回数1,572,494

※ 視聴回数について
NEWSポストセブン

NEWSポストセブン【動画公式】

NEWSポストセブンです。
自民党の小里泰弘・衆議院議員が昨年、毎月100万円の文書通信交通滞在費を受け取りながら、総額500万円以上の「郵送代」を政治資金で支出していたことがわかりました。
小里氏の資金管理団体「全国泰山会」は、「郵送代」「送料」「ハガキ代」として、合わせて135件、総額525万2221円を支出。
そもそも国会議員は支援者などに、会報やチラシなどを郵送することが、多いからこそ、国から年間1200万円もの「文通費」が支給されています。
それなのに500万円以上もの郵送代を資金管理団体から支出したのは、何故なのでしょうか。