ワクチン接種直後196人死亡、目立つ「死因」は?

視聴回数11,228,034

※ 視聴回数について
NewsMagVi

NEWSポストセブン【動画公式】

急速に進むコロナワクチンの接種。日本では2月17日から6月4日までにワクチンを接種した約1412万人のうち196人が死亡しており7万2000人に1人がワクチン接種後に亡くなったことがわかりました。
厚労省が分析を行った139例の死因トップは出血性脳卒中で、心肺停止、心不全が続いています。
血液内科医の中村幸嗣さんは「心臓や腎臓、肝臓などの主要臓器に重篤な疾患を長期間患っている人はリスクが高い」とコメントしています。