前田敦子の天然発言に会場騒然 成田凌の優しいフォローに照れ笑い

視聴回数476,525

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の成田凌(28)、前田敦子(31)、六角精児(60)が19日、都内で行われた映画『コンビニエンス・ストーリー』(8月5日公開)の完成披露舞台あいさつに登壇した。
 撮影現場での思い出話として、三木聡監督は「(前田が)とんでもないことを言って、ずいぶん成田さんがフォローしていた」と暴露。その一端として「石はコンクリートでできていると思いました」という前田の発言があったそう。現場が驚くと成田は「すみません。1番、勉強しなきゃいけない時期に1番、忙しかったので」とフォローして回っていたそう。照れ笑いの前田は「石が自然のものだとは知らなかった」とぶっ飛び発言。成田は「1番、勉強しなきゃいけない時期に忙しかったんで」と舞台あいさつでも改めてフォローし、劇場を笑わせていた。
 本作は、コンビニが入り口の“ちょっとした異世界”で出会い恋に落ちる二人の物語。映画『くれなずめ』(2021年)以降、何度も共演経験があり、息ぴったりの成田と前田が本作では不思議な距離感のキャラクターで再共演。成田は異世界に迷い込んでしまう売れない脚本家・加藤を演じ、加藤が迷い込む不思議なコンビニエンス・ストア「リソーマート」の店員・惠子を前田が演じる。そして、惠子の夫でコンビニオーナーの南雲役を『大怪獣のあとしまつ』に続き、三木監督作品には2度目の出演となる六角が演じる。