花總まり、神田沙也加さんの想いを乗せて… メーテル役で圧巻の熱唱

視聴回数1,262,746

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

不朽の名作『銀河鉄道999』のミュージカル『銀河鉄道999 THE MUSICAL』が8日に初日を迎え、公開ゲネプロを行なった。
 昨年12月に亡くなった女優の神田沙也加さん(享年35)が演じる予定だったメーテルの代役を担当する元宝塚歌劇団・雪組娘役トップスターの花總まりが務めた。
 4月8日~18日より東京・日本青年館ホールにて上演される同ミュージカルは、劇場版『銀河鉄道999』(1979年)をモチーフに漫画やアニメ・映画で語られていないキャラクターの過去をオリジナルストーリーに加えて、作品のテーマである「限りある命(人間)・永遠の命(機械の体)」について描く。
 音楽監督には映画『銀河鉄道 999 』の主題歌を始め、「ガンダーラ」「モンキーマジック」と数々のヒット作を世に送り出し、アレンジャーとしても高く評価されているゴダイゴのミッキー吉野が担当。主人公・星野鉄郎役は中川晃教、メーテル役は花總、機械伯爵役は佐藤流司、ガラスのクレア役は梅田彩佳が担当する。