米政府、水道水に含まれる「永遠の化学物質」を警告 水質改善に乗り出す

視聴回数609,472

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

米環境保護局(EPA)は、「永遠の化学物質」として知られる飲料水中の合成汚染物質について、毒素が検出できないほど低いレベルであっても有害である可能性があるとして、新たな警告を発表した。