レバノン爆発事故、安保当局が7月に大統領と首相に危険性警告

視聴回数333,090

※ 視聴回数について

ロイター映像ニュース

レバノンの首都ベイルートで4日発生した大爆発事故の原因とされる港に保管されていた2750トンの硝酸アンモニウムについて、アウン大統領やディアブ首相は安全保障当局から事前に危険性を警告されていた。ロイターが、当局による報告書や複数の安全保障担当高官の取材を通じてこの事実を突き止めた。