佐藤二朗 間宮祥太朗とのバディ役に「唯一の共通点は“人間”」

視聴回数1,243,452

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
(c)フジテレビジョン

めざましmedia

間宮祥太朗さんと佐藤二朗さんが2月12日、W主演を務める映画「変な家」の“変な報告会”に、共演の川栄李奈さん、DJ 松永さん(Creepy nuts)、石川淳一監督とともに出席しました。
この作品は、白い仮面をかぶった謎のクリエイター・雨穴(うけつ)さんの同名小説が原作。とある物件の“変”な間取りを注意深く見ることで浮かび上がってくる違和感と、そこから徐々に明らかになる真実を描くミステリーです。
イベント終了後、間宮さん、佐藤さん、川栄さんに『めざましテレビ』の小山内鈴奈フジテレビアナウンサーがインタビューしました。
「普段は元気な役が多い」という川栄さんは、本作について「今回は作品中に一回も笑っていなくて、歯を出していないです(笑)」と振り返りました。
間宮さんは、「本当は、(歯に)ノリだらけだったかもしれないですね」と冗談を言うと、佐藤さんは「勝手なことを言うのやめなさい。女優さんなんだから」とツッコミ、笑わせました。
“変”な間取りを解き明かしていく、バディとして活躍する間宮さんと佐藤さん。
間宮さんは、「バランスも今まで見たことのない感じのバディになったと思いますし、一緒に作り上げるのは、すごく楽しい時間でした」とコメント。
一方の佐藤さんは、「若い俳優さんが現場で『二朗さん、ここどう思います?』って相談してくれることは、あんまりないんですけど」。
「間宮はいろいろしてくれて、それはうれしかったですね。(間宮さんとは)何一つ共通点がなくて、唯一の共通点は“人間”っていう。それ以外ないくらいの対照的な2人がバディを組むのは、面白いなと思います」と語りました。
最後に、「理想の間取り」を聞かれると、間宮さんは「平屋」と回答。
「平屋で、デッキみたいな庭が広くて、地に足がついた家がいいですね」と説明しました。
佐藤さんは、「間宮がこの前の取材で言っていたコメント泥棒していい?」と確認しつつ、「リビングとダイニングが隔たれていなくて、一番広い部屋が、家族みんなが集まる場所という。できれば窓が大きくて、日当たりがよくて。そこからの景色がステキだといいなと思いますね」とコメント。
ここで間宮さんが、「ダメですよ二朗さん…。いま俺のコメントを泥棒したって言ったじゃないですか。多分、(川栄さんに)取られますよ」とニヤリ。
川栄さんは、「私もまさに、(佐藤さんの)それで。扉で敷居がなくて、窓が大きくて、景色がいいところがよくて。まんま同じです」と笑いながら答えました。
映画「変な家」は、3月15日(金)より、全国公開。
配給:東宝
▼めざましmedia▼
https://mezamashi.media/