片寄涼太 高校時代の友人や幼なじみと長い縁!秘訣は「毎回会って、毎回同じ話をするのに飽きないこと」

視聴回数9,305,415

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
(c)フジテレビジョン

めざましmedia

片寄涼太(GENERATIONS)さんが「友だちがやってるカフェ/バー」店員に扮します。
「友だちがやってるカフェ/バー」とは、まるで友だちが経営しているかのように、親しみを持てるお店のこと。来店すると、「来てくれたんだ!」「久しぶり!」などと気さくに出迎えられ、リラックスできると、今、人気を集めています。
そのWEB-CMに、片寄涼太さんが「友だちがやってるカフェ/バー」の店員役で出演。まるで片寄さんが働くカフェ/バーに遊びに行ったかのような感覚が楽しめます。
撮影が行われたのは、実際に原宿にある「友だちがやってるカフェ/バー」。お店を貸し切り、本物の店員さんの制服をそのまま活用したのだとか。
初めて店舗を訪れた片寄さんは、最初は「久しぶり」から始まる“友だち接客”に戸惑いながらも、徐々に友だちと撮影をしているかのようなリラックスした雰囲気に。やがて、「普段からここで働きたい。GENERATIONS と平行しながらできるかな」と話すほど、楽しむ様子が見受けられました。
撮影終了後のインタビューで、「友人付き合いを長続きさせる秘訣やコツ」を質問。
片寄さんは、「毎回会って、毎回同じ話をしてるみたいな、そういうことに飽きないことじゃないですかね。そういう思い出を大切にするっていうのは、すごく大事だなと思います」。
「『前いつ会ったっけ』って話よりも、『あの時こうだったよね』っていう話の方がすごく残っていて、そういう話を、たくさんできたらずっと友だちでいられるのかなって思います」と明かしました。
▼めざましmedia▼
https://mezamashi.media/