永野芽郁 山田洋次監督の「期待してます!」にプチパニック

視聴回数1,353,518

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

めざましmedia

9月13日、映画「こんにちは、母さん」の舞台挨拶が行われ、吉永小百合さん、大泉洋さん、永野芽郁さん、宮藤官九郎さん、寺尾聰さん、山田洋次監督が登壇しました。
印象深いシーンを聞かれた永野さんは、「涙を流すシーン」と紹介。
「緊張感もある撮影で、1回目の撮影で自分では思ったよりも涙を流してしまったなと思っていたら、監督が『舞ちゃんはキレイに泣く必要はない。顔を崩していいから、もう一回』と言ってくださった」と説明。
続けて「キレイに泣かなくていいというのも分かってはいながらも、どこかでセーブしていたと思うので、監督が気づいてくだった。自分の中でも思い入れ深いシーンです」と振り返りました。
永野さんの演技をそばで見守っていた大泉さんは「監督から『君はつらくてしょうがないんだ』と演出が入る中で、最後に『期待してます!スタート!』という掛け声で撮影が始まったんですよ」とエピソードを披露。
永野さんは「そうでしたね。始まるときに『期待してます!』と言われると、ちょっとパニックになりますけど、無事にできてよかったです」と笑顔を見せました。