お茶と獣皮が地域を語る 水俣の魅力で染める革

視聴回数477,203

※ 視聴回数について

TIMELINE - タイムライン

里山を荒らす獣の革、里山を構成するお茶畑 水俣の里山の
”もったいない”を重ねたら景色を携えるようなジビエ革製品ができました。
クラウドファンディング実施中!
https://timeline-media.jp/projects/2
捨てられるお茶の搾りカス。近年エコシステムが崩れたことにより問題となっているケモノ達による農業被害。これら2つを解決する新たな方法として、地域の特産品を活かし、お茶の茶渋(タンニン)を利用した、ジビエ革製品を開発しました。商品を通じて地方と都市をつなぐキッカケに。お買い物の選択肢の一つに『お茶渋で鞣したジビエ革製品』はいかがですか。