【Kan Sanoが実演解説!】米津玄師「Lemon」やUA「情熱」から辿るペンタトニックスケールの変遷

視聴回数451,295

※ 視聴回数について
©︎リアルサウンド

リアルサウンド

Kan Sanoによる連載『Kan Sano Talks About Pop Music』。Kan Sanoのルーツや愛聴しているアーティストを取り上げていき、その魅力やJ-POPシーンに与えた影響を解説してもらう。
第5回目はペンタトニックスケールと呼ばれる音階に注目。1990年代以降のJ-POPに注目しながら、どのようにその使われ方が変わってきたのか、楽曲がどのように進化してきたのかを辿っていく。
Kan Sanoによる、米津玄師「Lemon」、UA「情熱」、徳永英明「壊れかけのRadio」、自身の楽曲「My Girl」の実演、さらにサザンオールスターズ「いとしのエリー」の豪華1コーラス実演などは必見!