羽生結弦が濁した“引き際” 3月の世界選手権が1つの節目か

視聴回数8,420,748

※ 視聴回数について
NEWSポストセブン

NEWSポストセブン【動画公式】

NEWSポストセブンです。
2月14日、冬季五輪開催中の中国・北京で、羽生結弦選手の単独記者会見が行われました。
会見冒頭、羽生選手は、殺到する取材要請に対応するための記者会見だと前置きして、「引退会見」の“臆測”をさりげなく否定。
しかし、フィギュア関係者は「引退会見ではないと言いつつも、どこか“引き際”を考えている様子が見て取れました。3月の『世界選手権』で再度4回転半に挑戦するというのが、彼が考える美しい散り方だというような気もします」とコメントしています。