MEGA地震予測 2022年最新版警戒マップ 北陸は注意を

視聴回数1,604,339

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
NEWSポストセブン

NEWSポストセブン【動画公式】

NEWSポストセブンです。
地震活動を天気図のように可視化した「地下天気図」を解析する 東海大学海洋研究所客員教授の長尾年恭氏が、異常が発生しているエリアを指摘しました。
長尾氏が注意を促すのは九州地方南部と、2011年の東日本大震災の震源に近い東北沖エリア。
また、異常が顕著に出ているのが、石川県・能登半島だといいます。
長尾氏は「ものすごく広域的に地面が隆起しており、何らかの異変が起きていることは間違いない」と分析しています。